電子タバコの付き合い方を理解しよう

電子タバコというのは、専用の液体を加熱して発生する蒸気を吸う以前のタバコのようなものです。昔のタバコのように煙が出ないことや液体の成分を調整することで、体に悪いとされてきたタバコの主要成分を改善することが出来るものとして最近は注目を集めています。全く新しいものなので、昔のタバコよりは健康被害が少ないといわれていますが、それがどれぐらいなのかということは解明されておらず、これからの研究成果を待つことになります。煙が出ないことで、周囲への影響も少なくなるとも考えられてはいますが、これがどれぐらい浸透していくのかが注目されるところです。最近では喫煙禁止というところも多いのですが、これに電子タバコが該当するのかということも議論を呼ぶことにもなっています。

健康に対する影響はどれぐらいあるのか

電子タバコは専用の液体を調整することが出来る事や煙を吸わなくてすむことから、タバコほどの健康被害がないということがいわれています。ただ、その程度がどれぐらいなのかということは、はっきりとは分からないのが現状です。中にはニコチンの成分が入っていないような液体を使うこともあるので、健康被害はかなりなくなっているのではと指摘する声もあります。ただ、化学薬品が入っていることは事実ですから、これがどれぐらいの健康被害となるのかということは全く分かっていません。今のところ誰もが推測でものをいっているという段階で、これからの研究成果をまっているというところです。特に難しいのは液体成分をいくらでも調節することが出来るので、これをどうやって解析していくのかが難しいところです。

ファッションとして人気を獲得しつつある

電子タバコはファッションとして人気を獲得しつつあるということもあります。いわゆるかっこいいというイメージです。昔タバコをすう大人に憧れる若者が大勢出てきたように、今の若者もこうしたものに憧れる人も出てきています。また、タバコの場合は周囲に被害を出しているということがありましたが、電子のタバコであればそれもないような感じがするので、後ろめたさがなくなっているということもあります。煙という目に見えるものではなく蒸気という目に見えないものなので周囲に対して気を使う必要がないというところが受けている一つの要因でもあると考えらます。最近はお洒落感のあるものが発売されていることもあり、ファッション感覚で使用しているという人も増えているのが実態といってもいいでしょう。