普通のタバコとどこが違うの電子タバコ

何かと非難の的になりやすいのがタバコです。ニオイがつく、健康を害するなどの理由から、禁煙する人も増えてきていますし、タバコを吸うことが出来る公共施設なども少なくなっています。しかし、禁煙を失敗して何度も繰り返してしまっているという人が多いのも事実です。タバコは止めたいけれど、なかなか止めることが出来ないという人に近年、注目されているのが、電子タバコと呼ばれるものです。周囲の人への影響が少ないことや、健康を害するリスクを軽減させることが出来るなどの理由から、人気を集めています。製品によっては、購入するのが難しいほど人気の製品もあります。これまでのタバコと電子タバコ、この両者はどのような違いがあるのでしょうか。メリット・デメリットについて紹介します。

従来からのタバコのデメリットとは

これまでのいわゆるタバコは、タバコの葉を細かく砕き、それを紙で巻いたものでした。多くの場合は、吸口のところにフィルターが取り付けられています。タバコの葉の他に、様々なフレーバーなどが混ぜられているものもあり、製品による違いを楽しむことが出来ます。大きな特徴としては、ニコチンが含まれているということでしょう。ニコチンは中毒性があるとも言われています。タバコは吸っている本人はもちろん、周囲の人の健康を害するという事もあり、どこでも吸うことが出来るわけではありません。また、歯の着色汚れや服にニオイが付くということもデメリットとして感じている人も多いようです。さらに、以前に比べると、価格が年々高額になっており、頻繁に吸う人にとっては負担が大きいと言えます。

禁煙グッズとしてもおすすめの製品

電子タバコは、以前からありましたが、近年、オシャレな見た目や使いやすさ、健康を気にする人が増えたことなどの影響から選択する人が多くなっています。タバコのような見た目をしていますが、タバコとは異なり、吸うのは煙ではなく水蒸気です。その為、タバコの葉は一切使われておらず、好みに応じて様々なフレーバーを楽しむことが出来ます。これまでのタバコの様な香料が使われていることもありますので、タバコを吸っているという感覚を味わうことが出来ます。禁煙をすることが出来ない、何度も失敗してしまうということの理由として、タバコを吸うという行為が習慣になっているという事があります。これまで行っていた習慣を変えるのは簡単なことではありませんが、電子タバコであれば、タバコを吸ったような気分を味わうことが出来ますので、禁煙成功につながることもあるでしょう。