いまどきの電子タバコはここが違う

電子タバコがオシャレアイテムとして流行し始めています。アメリカのセレブの使用から火が点き、日本の芸能人でも利用している人が出始めています。今までの疑似タバコではなく、香りをつけた水蒸気を吸うためのアイテムで、デザインもスタイリッシュだったり可愛いものが増えており、リフレッシュしたりリラックスするシーンで利用する人が増えオシャレだと話題になっています。現在のところ日本ではニコチン入りのものは禁止されていますが海外ではニコチン入りの物も売られています。実際に使用すると見た目は喫煙しているのと変わらず、煙が出ますから周囲に配慮して使う必要があります。香りはメンソールやミントを始め、レモン、ブルーベリー、コーラ、チョコレート、バニラなど様々な種類があります。

電子タバコのしくみってどうなっているの?

大きく3つのパーツによって成り立っており、アトマイザー、カートリッジ、バッテリーと呼ばれます。アトマイザーは噴霧器で、リキッドを霧状にする部分です。カートリッジはフィルターが仕込まれており、ここに香りの付いたリキッドを浸み込ませます。バッテリーは発熱してリキッドを霧状にする動力になります。アトマイザーとカートリッジを合わせた機能をもったものをカトマイザーと呼んだりします。バッテリーが強力であるほど多くの霧を発生させることが出来ますが、電圧が上がりすぎると焦げやすく、消費も早くなります。価格は初期投資に費用がかかりまだ安価とはいえませんが、リキッドはそんなに減らないので長く持つため、使い方によっては結果的にはお得になる場合もあるでしょう。タバコを吸いたくて吸っているのではない方は費用を抑えられることでしょう。

利用する場合の注意点について知ろう

リキッドの内容は食品添加物として認められたグリセリンやプロピレングリコールですので、霧状にして吸い込んでも健康被害が出るとは考えられません。ところが近年電子タバコによる健康被害が報告されています。世界保健機関WHOは、科学的に安全性が証明されていない上、試験ではニコチン以外の有毒化学物質が発見されたとして、使用しないよう「強く勧告する」としています。フィルターに含まれる植物由来の物質を大量に吸い込むことで健康被害を引き起こした例が報告されています。日本では禁止されているニコチン入りの商品が海外から輸入転売されている実態があります。ただ流行っているからと安易に飛びつくのではなく、こういった危険があることを理解した上で、安全な電子タバコをキチンと選んで楽しむことをお勧めします。